2010年07月06日

FX取引用語 「スワップ」

FX取引をしていると良く出てくる言葉が「スワップ」です。

その「スワップ」なのですが、スワップ金利・スワップポイントと呼ばれることもありますよね。
本来は「金利差の交換」という意味です。

取引を行いまして、“買った通貨の金利”というものと“売った通貨の金利”というものがあります。
その差額を受け取る、または支払うという意味の言葉になってます。
posted by スナイパー at 05:22| Comment(0) | FX取引用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。